心の病を抱えたとき|ココロの病は精神科で治療しよう|ストレスフリープラン

ココロの病は精神科で治療しよう|ストレスフリープラン

レディー

心の病を抱えたとき

女性

心の病を相談できる医師

現代がストレス社会と言われるようになってから長い年数が経っています。会社でもより業績を求められ、厳しい競争を強いられている方も少なくありません。その結果、精神的に追い詰められ、うつ病や拒食症、ノイローゼになる方が増えています。このような方々を医療的に助けるのが、精神科のクリニックあるいは病院です。これは知っておくとよいでしょう。なぜなら、自分だけでなく、家族や友人が精神科の症状を示したときに、勧めることができるからです。古くは、精神科の患者は厳しい人道的差別を受けていましたが、現代では精神科の研究が進み、どの医療機関でも人として扱われます。一般の方々の間ではその偏見が一部に残っていますが、徐々にその状態は改善されてきています。つまり、精神疾患も病気に一つで医療機関で治療されるもの、として認識されているのです。これを理解しておくと、自分がうつ病などになった時も自然と医療機関へ行くことができます。しかしかつての偏見が自分の中に残っていると、精神科のクリニックや病院に行くことに抵抗を感じてしまい、いつまでも自分の中にその病を抱えたまま時間が経って、場合によってはさらに症状が悪化することもあります。心の病を抱えた際には、早期診断・治療のために医療機関に相談するのがよいでしょう。

心の病を治す医療

精神科は、他の診療科目と異なる特徴があります。それは、診断結果が医師によって若干異なることがあるというものです。これは、それぞれの医師の精神科における得意分野の違いに基づくものですが、患者とのコミュニケーションによってその患者の疾患タイプを特定するため、医師の会話のスキルなどの個人差が診断結果に反映されるためです。これは精神科という科目事態が、あいまいな分野であることを示しています。しかしながら、医師による診断結果の違いは小さいことが多いので、多くの場合は患者として心配することはありません。もうひとつの特徴があります。それは、精神科の治療は、風邪や怪我と違って薬を服用したらすぐに治るという性質のものではないということです。最近の精神科の治療は、まず薬の服用によって患者の症状を和らげることから始まります。そして、その服用期間中に精神科の医師によるコミュニケーションなどを主体とした治療でリハビリのように徐々に治しながら服用薬の量を減らし、最終的に健全な精神状態へと回復させるものです。つまり、治療には時間がかかるというものです。治療には、コミュニケーションを主体としたものが多く、医師との会話や理学療法士のような専門家を含めて行われるものもあります。