増え続ける精神の病へ|ココロの病は精神科で治療しよう|ストレスフリープラン

ココロの病は精神科で治療しよう|ストレスフリープラン

レディー

増え続ける精神の病へ

ウーマン

どのような症状を診るのか

精神科は心療内科と混同されがちですが、ここは精神的な症状が強い人が治療を受けていくところとなります。心療内科は精神的な症状であっても、それが身体に現れる場合に対して優先されるので、精神科とは治療目的が異なってきます。この精神科で診ていくことのできる症状は、うつ病や統合失調症などが代表的な例で、正常な考え方ができない状態が当てはまります。認知症の一部も同じようなことが言えて、脳の機能障害がほとんどの原因と見られています。そのため、この精神科で行われる治療は、脳の働きを正常に戻していくことがメインです。これは投薬によって行われ、症状によって当然薬も違ってきます。薬の服用を続けることで症状の改善が期待できることから、精神科にはしばらく通院する必要があります。また、改善できたとしても再発する可能性も高い症状もあるので、精神科とは上手に付き合っていかなければいけません。このような投薬による治療だけでなく、心理面から働きかけていく精神療法や行動療法なども行われています。これで考えを徐々に戻していくことができ、自信を取り戻せるようになるのです。うつ病や統合失調症などは、自分で治すことは簡単なことではありません。専門家による診察と治療が、無理をすることなく効果的に症状を抑えていくことができるのです。

原因と今後の予想

精神的な部分が強い症状は、昔と比べてそれを発症する人が増えてきました。うつ病患者は100万人を超えると見られ、もはや身近な病気となっているのです。統合失調症もその認知度が広がってきたお蔭で、治療の取り組みも活発になっています。そして、高齢化社会で増え続ける認知症にも、精神科での治療がよりいっそう求められるようになってきたのです。そもそも、この症状を発症してしまう原因は、種類によって異なることや原因が解明されていないものもあります。うつ病はストレスが主な原因と言われ、脳の神経伝達物質が乱れてしまうことで症状が出てしまいます。悲観的な考えが強くなり、いろいろなことが楽しめなくなってくるのです。統合失調症にも同じような原因となり、脳の働きが深く関わってきます。この場合は単純にストレスが原因とは言えませんが、ストレスに弱い体質であることも原因の1つとして指摘されています。認知症の原因も、脳の影響がとても大きいです。脳の血管がつまったり脳の働きが低下することから起きると見られ、やはり薬で治療をしていかなければなりません。このようなことから、今後さらに増えてくるであろう精神的な症状は、いつ誰が発症してもおかしくない状況と言えます。できるだけ発症させない予防も大切ですが、そうなってしまった場合の対策として、精神科は頼りになる存在となってくるでしょう。