ココロの病は精神科で治療しよう|ストレスフリープラン

男性医師

増え続ける精神の病へ

ウーマン

精神科で診てもらえる症状は、精神的な症状が強い状態のときです。正常な考え方ができなくなってしまうので、これを治すには脳の働きを薬でコントロールしていく必要があります。今後増え続けるであろう精神的な症状は、自分で悩まないためにも、精神科の治療が大きな救いとなってくれるでしょう。

Read More...

注目されている診療科目

診察

知られていない側面

「敷居の高い診療科」とも言われ、専門的な医療機関への受診に足が進まないイメージが強い精神科ですが、21世紀に入ってする行われた調査においては、人口の約9%、約1,000万人程度の罹患者がいるとも言われています。更に潜在者なども加えると2,000万人を予想している専門家もいるほど、精神科という領域は意外に身近な疾患であることが認識できます。近年はストレス社会ともなっているため、うつ傾向の精神科疾患に罹患する患者が多くみられ、国も本腰を入れて対策に乗り出してきています。パニック障害や躁うつ病、双極性障害や不安障害など外圧からのストレスに起因するものや、アルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存などの依存症、統合失調症などの遺伝的なものが大きな分類となります。また時間をかけてゆっくりと治療していくことが肝要となるため、精神科の専門医をはじめ診療の時間には長く時間を取って精神療法とよばれるカウンセリングを行い、患者の葛藤や不安などを除去することに努めます。また入院治療が必要となった場合も一般科と異なり、平均的な在院の日数も長い傾向となっていることから、3か月以上の療養によりゆっくりと治療が行われています。

今後の動向

精神科の領域は今大変注目をされています。厚生労働省が地域医療の柱としてきたがんや脳卒中、心筋梗塞、糖尿病の4大疾病と共に対策を行う疾患として「精神疾患」を加えて「5大疾病」としました。これは近年では自殺やひきこもりなどが大きな社会問題ともなっており、従来型の精神疾患に加え、新型うつ病やインターネットゲーム障害、カフェイン使用障害、違法ドラッグ依存症などの新たな疾患も発生しており、単体の医療機関のみでは対応できない状況ともなっていることを受けて、国も本腰を入れて取り組む姿勢を見せ始めたからです。同じく今後の対応が懸念されている認知症も精神科で対応することも多く、こちらも同じように地域と市町村や保健所など官民一体で協力する体制が各地で産声を上げている状況です。これは国の推し進める「地域医療構想」が意図したものであり、今後も増え続けると見込まれる罹患者を一人でも治癒させるための方策となります。一方、実際の医療の現場では薬物療法や精神療法が主幹となっており、懸念されていました向精神病薬の多剤投与の傾向が強くなっているため、この点も是正を図り、薬物に依存しない治療を今後推進していくものと思われます。

精神疾患を担う医療

病院

精神科は、幅広い年齢に渡って性別に関係なく発症する心の病を担う診療科目です。精神病院には専用の入院設備があり、鍵や厳重な作りの病室があります。現代社会では、うつ病の患者や高齢者の認知症患者が増えています。子供の精神疾患に対応した医療機関は不足しています。

Read More...

先生は聞き上手です

医療

精神科の受診は、早めに信頼できる家族と一緒に行くことが望ましいです。治療は薬だけでなく、カウンセリングも大切です。精神科の先生は聞き上手で真摯に聞いてくれるので怖がらず、全てをさらけ出して正直に話すことが回復に繋がります。

Read More...

心の病を抱えたとき

女性

精神科は、心の病を治す医療分野です。かつては精神科の患者は人道的な差別を受けていましたが、現在ではそれは改善されています。自分や家族が精神疾患に罹ったとしても安心して医療機関に相談できる時代です。精神科の治療は服用薬で治る即効性のあるものではなく、リハビリのように時間を要するものです。

Read More...